上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070819224908.jpg

・キャラグラ:敦煌回廊さん


メニューっぽいのを作りました。作ったのは画面だけ、しかも必要最低限だけで、まだメニューとしては機能していません。
マップ⇔メニュー画面に移行できるようになっただけです。

レイアウトはあちこちからパクリました。

ベースがSO3。
キャラが全員左を向いているのはFF5。
MP自動回復の表記はミンサガ。

いや、いざメニューのレイアウトを考えろと言われたら難しい物ですよ。
ただ、この辺り完全に自由にレイアウトを作れるのは自作プログラムの強みですね。解像度も自由(今回は640x480)でツクールXPと一緒だし。

ゲームとして機能するにはまだ気の遠くなるような作業が必要なようです。楽しいけどね。
スポンサーサイト
20070817205608.jpg

素材使用元
・マップチップ:うらら実験室さん
・キャラグラ:敦煌回廊さん

マップを歩き回れるようにしました。
ついでに、歩行アニメーションもするようになりました。このゲームでアニメーションするのはこれが初めて。感動モノです。

数歩歩くと敵が出ます。敵出現のエフェクトも(適当に)作ってみました。

20070817205616.jpg

黒いのが画面上からブワーと迫ってきます。
あまりにも適当なのでもうちょっと工夫したいと思いますが、細部の練りこみはもう少し土台が出来てから。


これで、

マップ歩き回る
 ↓
敵が出現
 ↓
戦闘に勝利
 ↓
またマップに戻る 

というRPGの最低限の骨組みが出来上がりました。


・・・マップの作成って大変だよね。
セオリーどおり二次元配列に0だの1だの数字を入れていってマップを作っていくんだけれど、小さい物ならともかくでかいマップになるととてもやってられないorz
マップエディター(ツクールのマップを作るような奴)を使用してファイルとして吐き出すのが常套手段のようですが、


マップエディターどうやって作るの??


先は長い・・・。
20070806220313.jpg

20070806220322.jpg

出来たよ出来た!
昨日出来ないって言ってたの出来たよ!
画像見ただけじゃ分からないけれど出来たよ!

要は、2次元配列のアドレスを関数に渡したかっただけなんです。落ち着いて考えたら出来ました。

今日のポイント:
act_name_get( &act[cnt][0] , player[battle.nowacter].eqact[cnt] );
void act_name_get( char *name, char act )
strcpy( name , tbl->name );

。。。ソースが綺麗くないので、ちょっと整理しよう。何が何だかわからない。
そもそも、act_name_getで名前をセットしてるから全然getじゃねぇですよ。
ちゃんと設計しとかないと実装時にあれこれ仕様が変わるからこういうことが起きるんだよね。
あとで混乱する元になるんだから、コードがまだ1000行弱の今のうちに綺麗にしておこう。


そろそろ、「技を選択→ターゲット選択」の流れを作らなければいけない。まぁ、これに関しては以前「こうげき」の処理を作っているのですんなり行くだろう。と思いたい。


どうでもいいところにこだわりたいサガで、例えば上のコマンド選択ウィンドウなんかは、最大10文字入るように幅が取ってあるんだけれどコマンドの技名称が短いと右にたくさん空白が出来てしまって見栄えが悪いよね。

サガフロ1みたいに文字の長さに応じてウィンドウの幅も調節するような処理も入れてみたい。
作り方はよく分からないけれど多分sizeofあたりを駆使すればいけるのかな。


どうでしょう、先生?(誰だよ
20070805220914.jpg

20070805221058.jpg

右下のコマンド形式をドラクエ式から、サガ方式に変えてみました。
具体的には左右キーを押すたびに
通常技(物理攻撃スキル)→魔法(魔法攻撃スキル)→アイテム→防御→通常技・・・
と言った具合にループしていくと言うものです。


技の名前の取得処理を作っているんですがうまくいかないorz
ポインタとか関数とか配列とか値渡しとか・・・
さっぱり!

ぼくが分かる言語は日本語だけです。
20070802222323.jpg

あまりにも自分のC言語のレベルが低いことを、ここ半年嫌と言うほど痛感している為、皮肉でなくてマジにC言語の基礎的な勉強を兼ねて練習用にRPGを作っています。

WindowsプログラムとかDirectXとかは全然勉強する気ないので今回もDXライブラリにお世話になっています。モンスターのグラフィックはRドさんから拝借。サイドビューのゲーム作ることがあったら是非使ってみたかった素材でした。

背景のへっぽこCGは2年位前に作った自作もの。丁度良い機会なので使いまわしました。


ここ2週間くらいちまちま時間見つけて作ってました。プログラム組むこと自体は好きなので楽しいです。それと、本当にC言語の初心者にはこの程度の物を作るだけで良い勉強になります。

取り敢えず、行動を選択して、HPが0になったらその敵がやられる、というところあたりまでは作れました。自由に組めるのが自作の一番のメリットだよね。


それと同時に、世界においても比類なきクソゲーを見つけました。
このクソゲーについてご紹介しましょう。

続きを読む »

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。