上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前初めてMSNメッセンジャーを使ったextrierです。


結構、新曲出してきたつもりだったんですが純粋にmidiの新曲としては危うく1ヶ月無更新になるところだと言うことに気がつき焦りました。

mp3やら音楽関係以外は殆ど更新しないウチのサイトが色々と更新してたので履歴だけ見て今月はよくやった!感動した!だと思い込んでおりました。


前のThe fabricated truthの時はmp3の関係もあって楽屋裏の時期が結構遅くなりましたが、あれは反省してます。

だって、作った時のこと殆ど忘れてるもん☆(おい


と言うことで、あまり間を空けすぎるのもよろしくないと思いすぐさま反省会です。 曲名から。

最近知った某サイトの某曲を聴いて、「よし、今度はオイラもテクノだ」そう思って作り始めました。

作り始めはベースライン。実はこの部分が、と言うか全体的にそうなんですがこの曲(の他にもいくつかあるけど)とてもヴァルキリープロファイル~スターオーシャン3っぽいです。

それらが好きすぎて、1年以上前からベースラインは影響受けまくりなのですが、それを適度に(←重要 笑)我流アレンジしたのがこのベースライン。

つまり、自分としては基本形な訳です。だから、スタンダード。


全体的な流れも自分の好きなダンジョン風に仕上げました。



ただ、テクノにしようと思うとGM音源じゃ完全再現できない。そう言うことで「まあmp3にすればいいや」と思って作りました。GSにするとツクールXPで聴けなかったりするし(この辺の細かいことは後の機会に書きます)


この曲、先述の通り影響を受けて作ったんですがその一つにPitchBendの使い方というのがあります。


PitchBendってのはその名の通り音のピッチを下げるもので、下の絵のように始点と終点に合わせて曲線で設定します。細かく値をとればとるほど音の変化も滑らかになりますが、その分容量も多くなります。まあ、微々たる物ですが(笑

20060604004837.jpg

こんな感じで曲線(この場合は斜線だけど)。例ではドラムパートですが、勿論ドラムにもPitchBendは使えます。


逆に、今回の使い方。
20060604005150.jpg

こんなでこぼこで上手く行くのか?と最初データ見た時思ったんですが、


上手く行くから凄い。


なんか、逆に綺麗に聞こえるしかなり気に入りました。この使い方。楽だし容量は食わないし。これから暫くは多用します。


と言うことで、人のデータ見るのは勉強になります(笑)。ウチのでよければ皆さんもガンガン見てくださいね。


あ、見たくないってのは無しで~
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。