上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、今日も打ち合わせに必死だったextrierです。眠気を抑えるのに。


実はある程度分かってたんですがツクールXPでの不具合報告を頂き、簡単に対処しました。


4月6日の記事の終わりに

だけど、作曲家としては由々しき事態もあるわけで。・・・次回。

と書いておきながら一切音沙汰の無かったこの件について。


2ヶ月の時を経て、文章に起こしたいと思います。 ツクールXPでは音楽(midiファイル)はDirectMusic Synthesizerというソフトウェア音源で演奏される、らしいです。詳しくは良く知らないんですがマシンパワーを結構使うみたいです。


音源が内蔵されることによって、製作者はユーザーの環境に依存されると言うことが一切無くなりかなり対応させやすくなりました。・・・が別の問題も浮上。


独自の仕様によってそれまで過去のシリーズで正常になっていた音が鳴らないと言ったことが割りとあるみたいです。


たとえば今回の事例では、音が間の抜けた感じに鳴るということですがおそらくPitchBendによるものだと思われます(自己確認済み)。


これも音源に依存されるんでしょうが今使ってるMicrosoft GS Wavetable SW Synth(多くの人がこれなんじゃないかと勝手に予想)は、自動的に初期化してくれるので問題なかったんですが、ツクールXPではこれをしてくれないみたいですね。


PitchBendはどういう命令かと言うと、ある音を-8192~8191だけずらすことが出来るのです。どれだけずらすのよ?と言う質問に対し、Pitch Bend Rangeと言うのがあります。初期値は2で、最大プラマイ2半音ずらすことが出来ます。


曲によっては2半音で十分なこともありますがそうじゃないものに関してはPitch Bend Rangeを変更して使います。ドラムなんかはよく12に設定してたりします。


これが、ちがう曲を鳴らしたときに初期値に戻らないのが不具合の原因っぽいです。と言うか、PitchBendを使ったにも拘らずPitch Bend Rangeを曲頭に設定していなかった単なる自分のミスなんですけどね。

昔1回これやって大量のファイルを修正したのに。またやっちゃった。


他にも、GM音源以外は一切鳴らないっぽいです。ウチは大体GMで構成しているのでこの点に関しては問題なし。ただ、SC-88proなんかメジャーだと思うし、GSなんかで構成していると悲惨なことになるのかもしれません。未確認。


分からないのが、ウチで公開している曲の中で「歪」だけが一切演奏されないことです。どうもリセット命令がいけないらしいのですが・・・。


目下調査中。


midi製作者にとって嬉しい内部音源仕様に逆に足を掬われるなんて。救われませんね。


この記事が誰かの役に立てばいいんですが。でも間違いもあるかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。