上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、中日ドラゴンズ谷繁選手の名を騙ってボウリングを楽しんできたextrierです。


「考察」カテゴリを追加しました。

主にRPGに関する考察を、凄まじい偏見で語っていきます。

容赦ない突込み等お待ちしていますw まずは「RPGに求めるもの」と称しまして考察します。仰々しい物言いですが内容は至って陳腐です。


ざっくばらんに言ってRPGには何を求めるか?

言い換えればどんなRPGがやりたいか。詰まるところ自分がプレーして面白かったかそうでなかったかはここに至ると思うんです。


自分としてはあくまで娯楽の一環、”ゲームを楽しむ”ことを求めています。まぁその楽しむって言い方も広義であまり適切ではありませんがRPGに求めるものはRPGとしての面白さと言うことです。

最近の、と一括りにしてはいけませんがどうもビジュアル面を強化したものが多く、昔のFC~SFCをリアルタイムで体験してきた世代にとってはあくびの出るくらいぬるくて退屈なダンジョン・バトルをクリアしてご褒美の美麗ムービーの繰り返しと言うのが多い。


シナリオやグラフィックを見て楽しむ人はそれで満足ですが”ゲームとして”楽しむ自分にとっては不満この上ない。結局最近の超綺麗なCGのゲームよりもファミコンの初代マリオのほうが面白い、そういうことになってしまいます。


シナリオが売りのゲーム、それも少なくありません。

シナリオを表現する方法は小説や漫画など多岐にわたりありますがゲームならではの見せ方もある。それはそれでアリだと思います。

ただ自分はあくまでRPGと言う枠の中でシナリオはオプションに過ぎず、車のカーナビみたいなもの。無いと困るけどそれが無いから物として機能しないかと言うとそうでもない。

そういう意味で以前より何度もシステム重視とのたまっています。ダンジョンにもぐって、未知の強敵と戦い、未鑑定のアイテムを手に入れ町へ戻る、その繰り返し。Wizardryがまさにそれですがあれで十分面白い。シナリオ派の人には堪えられないと思いますがw


そう言う訳で兎に角RPGにはそういうゲーム性を求めています。ツクールゲーで面白かったゲームと言うのも1~2個の作品を除きすべてゲーム性として優れていたものばかり。もちろんその中にシナリオの優れていたものもありました。そういうのはさらに評価が上がるわけですが、別に陳腐だからと言ってゲームとして駄目、では無いと思います。世間ではシナリオが叩かれまくりのSO3やVP2も自分の中ではとてもよく出来たゲームだと思っていますし。


勿論自分の思考を他人に押し付けようなんて思っていないし、シナリオ重視だから駄目、とかそう言う結論には全然至らないよと蛇足と思いつつも補足しておきます。あくまで自分の身勝手な思い込みです。


ただ、そういう人種も少なからず(意外と多くいる?)存在しそういう人たちの考えに共鳴できるし逆に共鳴されるのかなあと思ったりします。



結論:ツクールXP欲しいわぁ。
スポンサーサイト

タグ : RPG 中日 ドラゴンズ 中日ドラゴンズ Wizardry

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。