上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、風邪で寝てなきゃいけないのに野球中継見て一人で騒いでいた恥ずかしいextrierです。


書こう書こうと思いつつどうしても時間か体力がなくて書けなかった「No.111 誓いの剣」の反省をします。


作ったの半月以上前なので思い出せるか甚だ不安ですが・・・ 「もうこのテの曲は聴き飽きたよ」
そんな視線が痛いです。だって好きなんだもん。

と言うことで解説。


お題は後付けです。悲壮系のラストダンジョンが欲しいと思って作りました。イメージ的には天臨樹に近いです。


気を配ったのはただ1点。「God Sideとかぶらないように」。

どうしても桜庭色が拭えない(拭うつもりも無いけど)ので、せめて同系統の曲ならばかぶらないようにしたい、と。楽器も意図的に変えてたんですが、結局オルガンの早弾きを入れてしまいました。好きなんだから仕方ない、と言い訳。誠に遺憾です。

聞き比べると、やっぱ、似てるよね_| ̄|○


曲のイメージと、と言うかモチーフ的なものとしてはVPのアスガルド丘陵「The first unison」と、VP2のユグドラシル前半「No Knowledge of Wisdom」の2つ。ホントはアスガルド丘陵見たいな曲にしたかったんだけど気が付いたらVP2のユグドラシル見たいな曲になってました。

実際、「いい加減更新しないとヤバイ」と思って(実際はそうでもなかったんだけど)3日で仕上げた曲なんで所々粗がありますが無かったことにして下さい。mp3版ではきちんと直しましたので。ハンターハンターみたいなもんです。


mp3の方も大分慣れてきて最初に比べれば最近のゲームらしく、「聴ける」ものにはなってきたかな?と思ってます。

mp3版のほうで半音上げたのは「midi版では上げ忘れたから」。最後の仕上げに、と思ってたのに気が付いたら公開しちゃってたので後の祭りに。

メインをバイオリンに変えたのは思った以上に音色が綺麗になったから。しかし、楽器1つ変えるだけでこんなにイメージが変わるもんだなあ。



余談ですが、この誓いの剣は特にmidi版でそう感じるかもしれませんが音の数が少ないです。SFC並み。

と言うのも最初からmp3にすることを視野に入れていたからです。


言うまでも無くmp3にするとmidiに比べて格段に音が綺麗になり、厚みや広がりが増します。そうするとたくさんの音があると煩くて邪魔になっちゃうんです。

モトイン(桜庭氏)だって、ライブではキーボードとドラムとベースだけだって話ですし。それでこの臨場感が出るから凄いや。


midiは音が機械的でGM音源だとエフェクトも余り使えないから複数の音に頼らざるを得ない。フルートを左右から鳴らす為に2トラック使っていますしね。GSとかが対称だとまた話が違ってくるんだけど・・・


ただ、やっぱり究極的にはシンプルイズベストだと思っているので、これからも必要最低限の楽器で構成されていくと思います。


なんでも無駄が無いのが良いよね。DIO様も怒らないしね。
スポンサーサイト

タグ : midi DTM VP2

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。