上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070802222323.jpg

あまりにも自分のC言語のレベルが低いことを、ここ半年嫌と言うほど痛感している為、皮肉でなくてマジにC言語の基礎的な勉強を兼ねて練習用にRPGを作っています。

WindowsプログラムとかDirectXとかは全然勉強する気ないので今回もDXライブラリにお世話になっています。モンスターのグラフィックはRドさんから拝借。サイドビューのゲーム作ることがあったら是非使ってみたかった素材でした。

背景のへっぽこCGは2年位前に作った自作もの。丁度良い機会なので使いまわしました。


ここ2週間くらいちまちま時間見つけて作ってました。プログラム組むこと自体は好きなので楽しいです。それと、本当にC言語の初心者にはこの程度の物を作るだけで良い勉強になります。

取り敢えず、行動を選択して、HPが0になったらその敵がやられる、というところあたりまでは作れました。自由に組めるのが自作の一番のメリットだよね。


それと同時に、世界においても比類なきクソゲーを見つけました。
このクソゲーについてご紹介しましょう。 20070802223421.jpg


The 某人間。このタイトルの時点でもはやヤバイ匂いがする。ゲームの華であるタイトル画面がこれの時点でもういいやって感じがする。

それでもプレイしようとすると・・・キーボードのキーが反応しない。ジョイパッド専用なのだ。ジョイパッドを持っていない人はプレイすることすら出来ない。タイトル画面しか見られないゲーム、こんなゲーム見たことない
たぶんこのゲームの製作者はジョイパッドとキーボード両方を有効にする設定を知らないのだろう。

20070802223803.jpg

なんの脈絡もなくいきなりStage 1。昔のゲーム(ファミコン)時代にはこのテのものはよくある。

20070802223944.jpg

ゲーム画面。
製作者はファミコンっぽいゲームを意識したらしいがファミコンってレベルじゃねぇ。チープにも程がある。

このゲームのルールはと言うと、基本アクションゲームでそのステージごとに定められたゴールに向かうと言うもの。

画像だけを見ると「簡単じゃん」と思われるかもしれないが、このクソゲーっぷりを甘く見てもらっては困る。

20070802224226.jpg

MAXでここまでしかジャンプ出来ない。
1ブロック分である。スペランカー並みである。

これを全体マップと照らし合わせると結局このステージはイカのような経路を通らなければならない。
20070802224517.jpg

黄色で囲った部分は、このステージ最大の難関で、なにせこのジャンプ力である、崖からギリギリで飛ばないと次のブロックに届かないのである。タイミングは超シビア。これが出来なくて挫折したプレイヤーは多いとか多くないとか。

これを俗に「桂馬ジャンプ」と呼ぶ。


このゲーム、この桂馬ジャンプが出来ないとこの先も全く進むことが出来ない為マスターしておく必要がある。ステージ1からこんな技術を要求してくる時点で間違いなくクソゲーである。


ちなみにこのゲーム、企画からプログラミング、ドット、音楽、テストプレイなど全て1人でこなしている。明らかに友達のいない奴である。


逆に、世の中にこれよりしょぼいゲームがあるのかと、みてみたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。