上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、昨晩家のドアのすぐ前で黒く地を這い蠢く生き物に遭遇し今も家の玄関のドア一枚隔たった向こうに”敵”が居ると思うと戦慄し夜も眠れぬextrierです。


さて、オイラはPCツクール暦5年ほどになります。勿論5年間ずっとやってた訳ではありません。ネットゲームやってた2年ほどは殆どツクールに触れていませんし。それを差し引いても1作品も完成させられていないのですが・・・。


とは言え暦だけはしっかり長いのでもう結構知り尽くしているつもりでしたが案外知らない事もまだまだあるものです。今日は最近知った事について書き連ねてみます。


多分全部が基礎的なことであり、また自作システムを構築しない人には余り関係の無い事柄ばかりかもしれません。 1.能力値は負の値まで取る
以前不思議なダンジョン風システムを構築していた時にはまった仕様です。不思議なダンジョンでは1度の冒険を終えると全ての能力値が元に戻るのでそれを再現しました。今回はHPが15に戻るようにしました。

・HPの最大値を999下げる
・HPの最大値を14上げる


「HPの最大値を999下げる」と見かけ最大HPが1になるのであとは「HPの最大値を14上げる」すればHPの最大値は15になるはずですがやってみればHPの最大値は1のまま。どうもこれはHPの最大値を999下げた時に1にならずマイナスまでいってしまった事が原因だと思われます。なのでこの場合は

・現在のHPの最大値を(仮に)変数1に格納
・変数1から15を引く
・HPの最大値を「変数1」下げる


と言うめんどくさい手順を踏む必要があるようです。


2.F5
F4でウィンドウモードとフルスクリーンモードの切り替え。
F4+Altで強制終了(これはツクールに限った話ではないですが)
F9で変数の操作。(テストプレイ時)
F10でイベントの強制終了(使った事無いですが・・・)
F12でタイトルバック

ここまでは知ってたのですが
F5で2倍描画と等倍描画の切り替え(ウィンドウモードの時限定)

これ、全く知りませんでした。こないだF4を押そうとして間違えてF5を押した時にはじめて気が付きました。
・・・と思ったんですが、きちんとヘルプに乗ってました。

・ファンクションキーには以下の機能が割り当てられています。

[F4] :全画面表示(フルスクリーンモード)/ウィンドウ表示(ウィンドウモード)との切り替えを行ないます。
[F5] :ウィンドウモード時、ウィンドウサイズ(ダブルサイズ/シングルサイズ)の切り替えを行ないます。ダブルサイズ(通常)で動作が著しく遅い場合、シングルサイズに切り替えることで改善される場合があります。
[F12] :タイトル画面に戻ります。



ついでなんでテストプレイの時のも。

・テストプレーによるゲームの操作方法は、本ソフトで最終的に作成できるゲームの遊び方と共通です。なお、テストプレーに限り、以下の特殊キーによる操作が行なえます。

[Shift] :メッセージウィンドウに表示される文章を瞬間表示します。
[Ctrl] :押しながら移動すると、ランダムエンカウントの設定が無効になり、敵と遭遇せずにマップ上を移動できます。また、通行不可のマップチップ上も通過できるようになります。
[F9]  :デバッグ画面を呼び出します(下記参照)。
[F10]  :実行中のイベント処理を強制的に終了します。イベントの処理が無限にループした場合など、ゲームが正常に動作しなくなったときに用います。
[F12]  :ゲームを中断し、タイトル画面に戻ります。


ヘルプなんて素材規格と外字一覧くらいしか見ないからなあ・・・。


3.マップの地形設定は常に上層のものが優先
これは例えば海に橋を掛けたりなどで超基本なのですがこんな(↓)場合も優先されるとは思いませんでした。
20050710180511.png

これを利用すれば簡単に隠し通路が作れますね。ただ、簡単に作れるからといって複雑にしすぎてはユーザーサイドからすれば鬱陶しい以外何物でもありません。最近やったゲームではFF3のラストダンジョンやStar Ocean 1の隠しダンジョンなどがそうだったんですがただめんどくさいだけでした。複雑にするといってもこの程度で押さえておくべきかもしれません。
20050710181123.png

(直進だけで突破できる)

ちなみにStar Ocean 1の隠しダンジョンはこんな感じ。
20050710181132.png


FF5のように隠し通路が見られる昨日があれば問題ないんですけどね。


4.戦闘アニメは常に1つだけ
戦闘アニメは常に1つしか表示出来ないってことです。イベントで2つ以上同時に設定しても最後のものしか表示されない。これはもう不便極まりないのですがそういうものだと思って諦めるしかないですねえ。


5.戦闘アニメと画面のフラッシュも常にどちらか1つだけ
これは参りました。上の延長線上です。
普通の攻撃アクションに、クリティカル判定で成功した時のみフラッシュさせ音を鳴らせるというイベントをくんだのですが実際に判定に成功してもフラッシュしません。音は鳴ります。
どうもフラッシュも戦闘アニメと同じ扱いになってるっぽく、戦闘アニメが終わった、あるいは始まる前でしかフラッシュしません。ウェイトにチェック入れればきちんと光りますがリアルタイムバトルのウェイトなんてテンポ悪くしてしょうがないです。結局通常アニメとクリティカルバージョンのアニメ2つ作成する事で解決しました。
20050710181710.png

(クリティカルヒットの画面)


大体こんな感じです。また新しく見つけたら都度紹介していきたいと思います。


少しは役に立ったかな・・・?
スポンサーサイト

役立ちました、特に隠し通路とフラッシュ&アニメの優先順位は。 閑話休題、名前ですカ。私は卑怯者です故、俳優さんやら音楽関係の人やらの名前を入れ替えて使ってます(腐) 勇者伝は別ですが、レインやらシャドウやらアースやらウィンドやら(笑) これぞ適当の極致!
2005/07/11 12:22 |IR #vFhUT2s.URL[ 編集 ]

おお、役に立ちましたか。
良かったです。
それでこそ記事を書いた回があったと言うものです。

>俳優さんやら音楽関係の人やらの名前を入れ替えて
ドラクエやFFTやウィザードリィなどでたまにやりますよ~
バレない程度に使っちゃおうかな(笑)
2005/07/12 03:55 |extrier #ZDHr0Fa2URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。