上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めに、このテキストは極めて初心者の方を対象にしています。中級者以上の方は読んでも特に新しい情報が無いことをご了承下さい。


さて、Extra Oceanに来て下さってる方の中には「自分で作曲したいけれど知識orスキルが無いから仕方なく素材で我慢している」という人が居るのではないでしょうか。かつて自分自身もそうでした。
音楽は絵を描くのと違いなかなか環境が揃わないと気軽に始められるものではありません。そこに敷居を高く感じる人も結構居ると思います。

しかし、DTMを始めるのは簡単!今の(っていうか古いのでもそうだけど)パソコンには作曲ソフト以外の全ての環境がほぼ最初から揃っているはずです。特に意識しなくても音源・サウンドカード・スピーカーなどは初めから付いてきますよね。無い人は買いましょう。

ていうか、DTMって何よって説明を先に。DTMとはデスクトップミュージックの略で、Wikipediaによれば

デスクトップミュージック(DTM:DeskTop Music)とは、パソコンと電子楽器をMIDIなどで接続して演奏する音楽、あるいはその音楽制作行為の総称。従って、パソコンを使わず、シーケンサー専用機(YAMAHA QYシリーズ等)やシーケンサーを内蔵したワークステーション型シンセサイザー(KORG TRITONシリーズ、YAMAHA EOSシリーズ等)で使用した場合はDTMと呼ばないケースが多い(いわゆる打ち込みには含まれる)。日本でのみ使用される単語であると思われる。


とあります。ぶっちゃけオイラ(抵抗あるな・・汗)自身も良く判ってませんが要するにパソコンで音楽作ること、くらいに思っておいても問題ないかと思います。DTMというと何だか響きがカッコいいのでこれからやる人も既にやっている人も「俺DTMやってるんだぜ」と言っちゃいましょう。


しかし言うのは簡単。問題はソフトだと思われるでしょうが、フリーの作曲ソフトも色々あります。フリーというとしょぼく感じるかもしれませんがこの時代、下手するとシェアのものよりフリーの方がいい物が揃っている時代。ドローソフトならEDGEというのがありますし、作曲ソフトにも作曲ソフト「サクラ」と言うものがあります。オイラは使ったこと無いですが、周りにもこれで実際作成されている方もいらっしゃいますしかなり有能なソフトだと思われます。
他にも自動伴奏ソフトなども探せば見つかるはずです。メロディーだけ入れれば自動で判断してくれるものもあるし、自分でコードを入力して伴奏を生成するものもあります。自由度が低い分融通が利かないところもありますが、裏を返せばそれだけ手軽に作れるということです。


それで一体お前は何のソフトを使っているんだ、という疑問が沸いてくると思います。このホームページを隅々まで読んでくださった方は答えがあることを知っていると思いますが(笑)。オイラはエンターブレイン(以下eb)社の音楽ツクールDXで製作しています。ここで公開されている全てのmidiはこのソフトで作りました。残念ながらmp3は作成できません。オイラが公開しているmp3は別の手段で、フリーソフトのみを使って製作しています。これはまた後の機会にご紹介致します。

音楽ツクールDXを選択した理由は比較的安価であったこと(一万円でお釣りが来ます、本格的なDTMソフトは高いんです 泣)、ツクールシリーズであったこと、ツクールで使用できる音楽が製作可能と紹介文にあったこと(=midi対応)、そして上で紹介したサクラの存在を知らなかったことです。何とかフリーで出来ないものかと当初は思っていたのでサクラ等の存在を知っていたらもしかしたら今はまた違っていたかもしれません。


結論から言えば音楽ツクールDXはそれはもうebの物ですからクセがあるのですが、何度もパッチ出してやっとまともなソフトになったツクール2003に比べればいくらかマシです。一応普通に作成できますからね。当時のオイラの要求は一通り満たされていました。


次回はこの音楽ツクールDXについてご紹介したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。