上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、最近専ら古いゲームしかやらなくなって初期型PS2を持っていながら持っているソフトはたったの5本(うち新品2本)しか持っていないextrierです。

「ゲーム」カテゴリでは主に市販されているゲームに関するコラム等を綴ります。>DTMは、もうネタ切れらしい。


今回は最近また初めてやっぱりはまってしまった「タクティクスオウガ」についての話です。ちなみにこれ(右)はGBAのタクティクスオウガ外伝です。タクティクスオウガは画像がなかった為(見栄えを良くするため)これで代用してます。Amazonめ。ちなみに、外伝はGBAで唯一持っているソフトです。それなりに面白いですがタクティクスオウガより奥が浅いのでそんなにやりこむ事は出来ません。グラフィックはこっちのほうが上だけど。


タクティクスオウガはプレイした事のある人なら誰もが絶賛するといっても過言でないほどの作品で何度か色々な機種に移植されています。オイラ自身も、SFCで最高傑作だともう作品を3つほど挙げろといわれたら間違いなくこの作品を挙げます(あとシレンも)。 オイラのタクティクスオウガ暦はSFCでまず借り、その後PS移植されたものを買いなおしました。が、
PSの移植は本当にお勧めしません。ただでさえ長い魔法のエフェクトが処理落ちしてスローになったり、メニューやショップに入るだけでロードがあったり、弓を打つ時やワープをする時にいちいち読み込んだり(お陰でゴーストは凄く使いにくくなった)とストレスが溜まってしょうがないです。戦闘中にセーブ出来るのですが人によってはそれもアウトでしょう。結局後にSFC版を再び手に入れました。


タクティクスオウガはシュミレーションRPG(以下SRPG)です。非常に戦略性が高く、ユニットの育成などシステム自体は単純ながら非常に奥の深い作りになっているのが最大のウリです。オイラ、SRPGはこの作品が初めてだったのですがこのレベルが普通だと思っていたので他のSRPGをやった時びっくりしました。PSのゲームなのにシステムがオウガ以下じゃん!って。高低差があるのも当たり前だと思いましたね。この作品がのちにファイナルファンタジータクティクス(以下FFT)となる訳です。どちらも甲乙つけがたいですが出撃ユニット数が倍の10人で、どんなキャラも一長一短であるタクティクスオウガの方が下手したら戦略性が高いかもしれません。


また、重厚なストーリーもなかなか魅せてくれます。世界観は中世で、民族間の紛争などちょいと小難しい話もあったりしますがプレイヤーの選択で大きくストーリが変わったり(3ルート)とかなりボリュームもあります。


難易度もそれなりに高いです。死んでしまったキャラは戦闘が終わっても生き返らないというシステムのお陰でかなりスリリングなバトルが楽しめます。ただ、他のSRPGでもそうなのかもしれませんが中盤以降は蘇生魔法が手に入ったり後半以降は万能キャラの登場、実質即死の範囲魔法の登場によりどんどん難易度が緩和。FFTもそうでしたがこれは非常に残念です。仲間キャラみんながまだ頼りない序盤~中盤の駆け引きが最も面白いゲームです。ただ、万能のキャラを作るという楽しみもあります。

ただ、戦略性が高いお陰で一見不可能だと思えるやりこみも可能となっているのが今もこのゲームが支持されている最大の理由でしょう。この辺は次回以降に回します。


タクティクスオウガはオイラの中でドラクエ3と並んで育成が楽しいゲームです。変に色んな要素がなくシンプルな分逆にやりこみ甲斐があります。オイラが育成フリーなゲームを考える時必ず両ゲームを参考にして作っています。



だけど、ツクールでオウガを作るって言うのはもう100%不可能なんだよね・・・_| ̄|〇 操作性の悪いSRPGもどきを作るのが精一杯。PSで出てた「シュミレーションRPGツクール」もグラフィック以外はとんでもなく微妙だったし(グラフィックは他聞家庭用ゲームの中でダントツに良い)。タクティクスオウガ見たいな本格派SRPGを作るためにはプログラム言語を勉強するしかないのかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。