上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、5年ぶり10連勝中のextrierです。(なにそれ)

No.087 歪の反省会。今回も書きたいことが一杯あるので2回に分けます。1回目で曲のイメージ的な話、2回目で技術的な(乏しいけど)話です。


前曲より1ヶ月経過していて、その間この曲以外は全く作っていないということを考えるとこの曲に費やした時間は相当長く思えます。けれど、実際は随分と長いことこの曲から離れていたり、なかなかDTMやってる時間がなかったりと思ったよりスムーズに進まなかったのもありました。


イメージを作るのに苦労しました。どれだけの曲がやみに葬り去られたか知れません。取り敢えず8小節くらい勢いで作ってこのまま行くか否か判別するのですがその8小節が作れない作れない。どうにもイメージが沸かないので半ば強引に「ストリングスメインで」を軸にあれこれ作ってこうなりました。


でも、この曲も本当は没にするつもりでした。 最初の(ありきたりな)フレーズからメロディがどんどん派生されて順調に曲自体は出来て来たのですがどうもリク内容のイメージにそぐわない。半分没にすることを決め放置してました。時間が掛かったのはそのためです。

また、1分10秒と1分25秒・1分50秒付近で曲調がガラッと変わるのですが(実際拍子が変わってるけど)この繋ぎ目辺りで長いこと次が浮かばず放置していたため考え方方向性その他が薄れたり変わって来たりしてしまいました。気持ちを一新すると言う意味では悪くありませんが、せめてその繋ぎ目が判らないくらい巧くなりたいです。


結局没から這い上がってきた要因は1つにどれだけ時間が経過しても何も浮かばないこと。だったのでどうしてもこの曲で仕上げねばなりませんでした(前のEATERもそうでした。この曲に限らずリク曲はやっぱり苦労してます)。その結果、よしこうなったらふんだんにSE(サウンドエフェクト)を使おう、と。初めてSEだけで4トラックも使いました。


1つは良く判らない打楽器みたいな奴。FF3のラスボス曲を耳コピ(過去記事参照)したときの経験を基に作成。

もう1つは作成期間内に新しく(他の人のmidiを見て覚えた)Pitchを使った技法。左右にシュイーンって行ったり来たりしてる奴です。


この辺はもうホントに苦肉の策ですorz オイラのオリジナリティの引き出しがもっとあればこれに頼る必要もなかったんですが・・・


この曲のオイラ的イメージ。

魔術師同士のバトルで1対1。闇夜で荒地が舞台。勿論、風は強し。髪やコートが(不自然なくらい)常に靡いています。

静かなところは互いに牽制し合ってるんでしょう。曖昧です。皆さんの想像にお任せします。(おい


1分50秒のチェロがメインの旋律は相手を倒して呆然と立ち尽くしている様。そして2分以降のエコーの旋律は相手を倒すも何らかの禁を犯したという事で闇の中から現れた光に飲み込まれ裁かれているイメージ。そしてそれに抗うことなくすべてを受け入れている感じ。実は漫画「DEATH NOTE」6巻収録の49話(のライト)、あるいは7巻収録の第57話の表紙絵が物凄くイメージ的にピッタリです(特に後者)。もっとも、この絵は別に天に召されているものではないですが(笑)。あくまで絵的なイメージだけの話です。お持ちの方はぜひ見てください。


いろいろ小細工使いすぎて個人的に負けたような感じが強い曲です。次回はその小細工についてちょっとだけ触れておきます。
スポンサーサイト

いやあ・・・変なリクしちゃいましたか(滝汗)

しかし、完成版を聞く限り、そのようなことは・・・
「風強し」というのもツボですし・・

次回の小細工(?)話を期待します
2005/08/01 00:36 |ここあ #JNyaS64.URL[ 編集 ]

いえいえ、もともとリク曲は
自分1人で作ってるとどうしてもジャンルが偏ってしまう為なるべくそれを無くすべく、
苦手なジャンルもじゃんじゃん挑戦していこうというのが大本の趣旨(結局自分のためなのです)なので
余り経験の無いジャンルほど嬉しかったりするのですよ~。
事実、また新しい小細工(笑)を習得出来ましたし♪

>完成版を聞く限り、そのようなことは
そうですか、改めて良かったです♪
この誤魔化しスキル上昇というのも
スキルというか小細工というかいやはや(笑)
2005/08/01 01:11 |extrier #ZDHr0Fa2URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。