上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セリーグにもプレーオフがあることを最近知ったextrierです。ここ数週間鯖落ちに関する日記を書いてきましたがブログのほうもそれを終了して通常営業に戻ります。・・・1週間くらいで復旧すると思っていたんだもん_| ̄|〇


帰省中も細々とバトルシーンのプログラムを組んでいました。実家には何故かUSBキーボードがあったのですこぶる良好な環境で(普通なんだけどね・・)制作を行う事が出来ました。

0913.png

画像のモンスター素材はroom.Rさんからお借り致しました。背景はそのへっぽこさからも判るとおりオイラの自作です。 見ての通りフロントビュー。まんまドラクエです。しかし、自作プログラムを組むとこんな(言い方は悪いけど)旧時代のスタイルのものでも物凄く時間が掛かりますね。改めて大変さを実感。


特にどうしようかと思ったのがモンスターの画像を中央に寄せること。モンスターのパーティを完全固定にしてしまえばif分岐で出来ないことも無いけれどそこはオイラ。そんなのに妥協出来るはずも無くどんな組み合わせでも自動で真ん中に持ってくるプログラムで無ければ許せません。

0913b.png

これはプログラムの問題ではなく算数の問題です。頭がいい人なら即答えを出せるのかもしれませんがオイラは苦労しました・・・


んで、結局モンスター(グループ)にXサイズとYサイズという2つのデータを持たせることによって解決しました。上の画像の例で言うとこういう事。

{画面のX座標-(グループ1のXサイズ*敵数+グループ2のXサイズ*敵数グループ3のXサイズ*敵数)}/2の座標を始点にすればOKです(たぶん)。グループごとに若干隙間を入れるためにはその分だけ更に引けばOKです。


こーんなところとかも自分で考えなければならないのが大変なところですがむしろシナリオを組むのよりそっちの方が好きなオイラは特に苦になりません。一から組まなければならないということはその分だけ自由度が高いって事ですからね。

まだ今の時点ではインターフェースを作っただけ。これから内部のところを作らなければならないのが楽しくも大変そうです。


最近はメジャーなゲーム解析系サイトを良く覗いています。そういうの見ては参考にしています。やはり先人に倣うのが上達の近道ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。