上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、(終わったけど)内P・ぷっすま・(移動したけど)マシュー・黒バラ・ガキ使など全国ネットで放映されているバラエティ番組の幾つかが名古屋だけ数分遅れだったり間にローカル番組をやっていて番組が深夜に移行してしまい見難くなっているのが非常に解せないextrierです。


今日はDTMっていうよりは普通の音楽。コードの話です。


DTMをやってるからって音楽に詳しい、と言うようなことはやはり全然ありません。五線譜のト音記号も数えなきゃ解からない事多々ありますし(ドとラを良く間違える)、クレッシェンドとデクレッシェンドどっちがどっち?って感じです(midiではExpressionの上下で行うので名称を知らなくて問題ない)し、アンダンテ・アレグロに至っては言葉だけで意味すら知りません。そんなオイラですから、コードの知識についてもDTMしながら最低限覚えただけです。


ちなみにコードってえのは楽譜の五線譜の左上にあるCとかE♭とかそういう奴。プロはあれとメロディだけさえあれば如何様にも楽々アレンジ出来ちゃうんです。凄いよね。 小2か小3くらいまでは実はオイラもピアノ・エレクトーンを習っておりました。人より若干優れた音を拾う耳は多分ここで培われたんだと思います。

幾つか忘れましたが級位を取る為の試験も受けたことがありますし、壇上で自分の腕を披露したことさえあったりします。エレクトーンだとリズムを鳴らす音とかあるんですよ。今のノミの心臓ではあんな事してたなんて信じられませんね。

お袋が音楽にある程度詳しく、当時の事を聞いてみるとどうもコード進行を習ってるあたりでピアノをやめたらしいです。なんて勿体無いことを。でも当時は嫌で嫌でしょうがなかったんですね。子供なんてそんなもんです。

で、いまさらコードの勉強をしたいと思ったのでお袋大先生に折角帰省してる間だけでもご教授願おうと思った訳です。オイラの場合基礎から始めねばなりませんがorz


ある場所でsus4→Iと言うのを見ました。sus4は知ってますがIって何よ?ってことで早速Google。

ダイアトニックコードと呼ばれるものらしく英文字の「アイ」ではなくローマ数字の「1」なんですって。Iはトニックマイナーというらしいです。知らん、こんなの。素ン晴らしいページが見つかったので(アパートに)帰ったら早速SSW動かして勉強してみます。


ちなみにオイラの常套手段はm→sus4→M、これが黄金パターン。これだけでオイラの戦闘曲のシメを再現することが可能です(笑)。と思ってたのにお袋曰く極めてメジャーなコード進行だ、そうで。


うん、良ォく考えてみればその通り。そりゃオイラが独自のコード進行編み出せるくらいレベル高い訳ゃ無いよね。はは・・orz
スポンサーサイト

お久しぶりです、ご無沙汰しておりました。クルサです。

DTMと音楽は少し違うという事、とてもわかります。
私の場合、最初はコードがさっぱり分からなかったため、逆に「このCがドだからその次のDがレで……」と数えていた始末でした。五線譜は読めるのですが……。ただし加線が5つ6つでてくると数えます。

私がピアノをはじめたのは少し遅めで、それこそエクさんがエレクトーンをやめられた小学校2年生。周りの友達がやっているのに憧れてはじめたはずが、今既に同じ歳でピアノをやっている人はほとんどいなくなりました。やはり主に親が主導でやらせて、子供のうちにやめてしまう人が多いのでしょうか。
また、父親がジャズのベースをやっているので、私の音楽感覚は彼譲りなのかもしれません。

エクさんはゲーム作りに関して戦闘周りの調整が得意とのこと。逆に文系一辺倒の私はシナリオ一本で、バランス調整はいつも手間取っています。自作戦闘は夢の先。
なんだか、足して2で割ったら丁度よさそうだなどと思ってしまいました。

独自のコード進行に関しては私もかなり苦しみ中。音楽に関して詳しく勉強したわけではないので……。ピアノで弾くような曲は、ゲームミュージックの参考にはあまりなりません。利点といえば、音を試すためにキーボードで弾くときに主旋律と副旋律を同時に(両手で)その場の思いつきででも試してみることができるということくらいでしょうか。

それからちょっと遅くなりましたが(ちょっと……?)No.091 臍人魚の感想です。
いいですね、まったりしていて。やわらかい雰囲気、平和で、明るい光の満ちる真っ白の砂浜が思い浮かびます。
特に出だしのウッドブロックがいい感じですね。
寒くなってしまった今だからこそ、暖かい(暑い?)時期のことを思い浮かべるのは楽しいことです。

互いに、もう少しであと100曲。
Extra Oceanの復興と、さらなる繁栄を願っております。
これからも頑張りましょう♪
それでは~。
2005/10/22 14:04 |Curusa #XW64FiysURL[ 編集 ]

どうも、extrierです~。

>加線が5つ6つ
5つどころか2つくらいからもう怪しいですよ(笑)
DTMに限れば数えるより音を聴いた方が早いと言う・・・

ピアノってあまりコード使うこと無いですよね。
エレクトーンだと足もあるし、コードを割りと使うんですよね。
ギターならなお更。

>やはり主に親が主導でやらせて、子供のうちにやめてしまう人が多いのでしょうか。
そうですね、やっぱり。
自発的じゃないとなかなかやる気が起きないもんです。
手先は超が付く不器用なので修練には時間が掛かったと思いますが後悔してます。

>父親がジャズのベースをやっているので
かっこいいですね。ジャズという事はアコースティックベースかな。
何にせよ楽器出来る人はカッコいいです。

>なんだか、足して2で割ったら丁度よさそうだなどと思ってしまいました。
こんな身近に相性の良い方がいらっしゃったとは。
でも、戦闘曲大好きな2人なのでその辺は大変そう(笑)

>独自のコード進行
作曲と既存の曲を奏でるのはある意味対局ですもんね。
昔っから良くゲームに触れて来た自分はその点有利かもしれないです。
影響を受けたものが色濃く出ちゃうのが悩みですが。
でも、単純なメロディしか弾けない自分にとって自在にこなせるのは羨ましいです。


あと、臍人魚の感想どうもです♪
リゾート地をイメージしたので大体それが伝わっているようで嬉しいです。
ちょっと時期外れかとも思いましたがなるほど、そういう捉え方もありますね。
これでこのシーズン、心置きなく夏の曲が出せるってもんです(笑)
ウチは今年中は全く無理ですがクルサさんのほうはもしかしたら今年中に成るかも?しれないですね。
楽しみにしています。
ではでは~。
2005/10/22 23:00 |extrier #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。