上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この”反省会”のカテゴリーではアップした曲についてその裏話的なもの(そんな大それた物ではないんですが)を綴っていきます。なお、オイラ(と言うか人間?)の特性上、出来立ての頃は正常に評価が出来ない(過大評価になってしまう)ため、最低でも数日あけてから反省をします。

いきなりその84になってますがこれは曲のNo.~に合わせてあります。


ちなみにオイラはこのいわゆる”楽屋裏”的なものが大好きでして、自分の好きなものにこれがあると大変嬉しいです。時にこの楽屋裏を楽しみたいが為に作品に触れることすらあります(普通は逆ですね)。インタビューも大好きです。
逆に好きな漫画とかの最終巻に”あとがき”見たいなものが無いとちょっと残念です。


どうでもいい余談でした。
先に述べたようにこれはSinger Song Writer 8.0 for Windowsで作った曲です。実は処女作と言うわけではなく自作ゲーム用の2分超のバトル曲がそれに当たるわけですがまだゲーム製作の熱が失われていないため公開することは出来ません。・・・まぁ、いずれ公開することになりそうですが。


当たり障り無いダンジョン曲で同じリズムを延々と繰り返してるだけの曲なので余りこだわりとかはありません。オイラの典型的なダンジョン曲作成法なんですが、最初にベース・ドラムにプラスαを4小節くらい作ってあとは全部使いまわし、そこにメロディを乗っけただけの曲です。


唯一魅せたいのが主旋律のギターの16分音符の3連符が駆け上がってく所くらいです。音の長さ(GT)を調節して割と上手く出来たと思ってます。それ以外は適当に音を混ぜただけでテクらしいテクは使ってません。


ダンジョン曲を作った理由は、最後にアップしたダンジョン曲が8曲も前(5ヶ月前)、しかもNo.062 Blad burner、No.076 Latemと2曲連続で非常に似通った曲。しかも、ファンタジーと言うよりかはサイバーな感じの曲。まともなダンジョン曲は25曲も前で去年の7月。バトルに次いでダンジョンが得意(沢山作れると言う意味)と自負してるオイラにとってこれは認めがたき事実だったわけです。

と言うことで今月はダンジョン曲強化月間。兼ねてからやりたかったRPGでよく使われる4大属性をモチーフにしたダンジョンを作ろうと思った訳です。


ところで4大属性とサラっと言いましたが4大属性って何?と言う疑問が胸中に沸いてきました。


自分の中では火と水は確信があったのですが他の2つがちょっと怪しい。ゲームによって異なるんですよね。風-地だったり、風-雷だったり、風=雷だったり。

オイラの中では3つ目は風にほぼ確定で、4つ目は迷うところですが地かなぁと思ってます。風=雷ってのは良く判らない原理なんですがかのFF3(FF2かも)では氷と風が同じ属性だったような気がするので何でもアリかもしれません。ちなみに今作ってる自作ゲームでは火・水・光・闇です。

ただ、地っぽい曲は何故か沢山あるので(そもそも地のダンジョンって普通の洞窟のような気がする)敢えて雷にしようかなとも思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。